最新の技術の導入

木のマンション

近年は地震などの天災の影響で、エレベーターの中に取り残され逃げ遅れることが問題となってきています。これを改善するため、多くのエレベーターメーカーでは色々な対策方法の研究や開発がすすめられています。今まで、エレベーターは電気系統が停まると途中で止まったり、危険を察知するとすぐに停止になるシステムでした。しかし度々地震で閉じ込められるケースもあって、遠隔操作もできるのが開発されているのです。

遠隔操作が出来るものは、インターホン越しで通話が出来る機能や、故障が起きた場合遠くにいながらエレベーター管理会社が遠隔操作にて異常に対応するなど様々なサービスが提供さてきています。また、地震が起きた時は、直接エレベーターに危険をお知らせするサービスもあり、利用者がより安全に利用できるようになってきています。建物所有している側も、建物の中にいる人の安全を守らなければいけないため、エレベーターの保守点検業務も重要であり、専門業者にメンテナンスをお願いしています。現在の保守点検方法は業者が来て点検を行いますが、遠隔操作ができるものであれば電話一本でエレベーターの状況が確認でき、派遣されてくる人件費をおさえることができるため、保守点検のメンテナンス費用も安く済むメリットがあります。どちらが良いか一概にいえませんが、会社の予算や現在導入されているエレベーター性能に合わせ、技術の高い業者に依頼するようにしましょう。サイトにはいろいろ情報があるので比較して業者選択するのも一つの方法です。

どれだけかかるのか

作業員

エレベーターの点検は、定期的に行なわないと大きな事故に繋がってしまうかもしれません。ですから、定期的に行なうことが法律で義務付けられていますので費用を調べて行なうようにしましょう。

More Detail

点検や修理は大切なこと

マンション

マンションやビルを所有、管理している人は、しっかりとエレベーターの点検を行ないましょう。エレベーターの故障は人身事故につながるため、日頃から点検をしておき安全性を確認することが大切です。

More Detail

新しいものへチェンジ

男の人

建物は月日の経過によって、以前よりも著しく劣化を始めてしまいます。劣化するのはエレベーターもです。点検するまもなく、新しいものに切り替えることで高い安全性を望めるでしょう。

More Detail